初心者必見!車の下取りを完全網羅 方法・デメリット・メリット 

そもそも下取りとは

車の下取りってどういうこと?

簡単に説明すると新車購入の時に今の車を下取りに出して、その金額を資金にして次の車を購入する事になります。
 
ディーラー経由で車を買い替える人のほとんどがこの方法をとり、そしてその方法が当たり前だと思っているようですが、この「下取りしてもらって新車を買う」という流れは一つの手段にすぎません!
 
そのディーラーで新車を買うから必ずしもそのディーラーで今乗っている車を下取りに出さなければいけないということではないのです。
 
人生で初めて車を買う人には下取り車などないのですから・・・。
 
どうしても昔からの流れで、今乗っている車の処分と新しく車を買うということをいっぺんに済まそうとする傾向が強く、もはやそれが当たり前のように扱われているのです。
 
1つの場所でその2つの工程をディーラー側ですべて行ってしまうのでなかなか別のものとしてみることができないのですが、本来は「車の処分」と「新車購入」は別々で考えるべきなのです。
 
では、下取り以外で車の処分を行うところはどこなのかというとそれは買取店というところになります。
 
買取店は車を購入することによって、こちら側からすればその車を処分することができるというものですが、それなら下取りでも一緒と思ってしまうでしょう。
 

しかし、平均的に見ると同じ車での高い金額で買い取ってくれるので、新車購入の助けにもなると感じます。
もしかしたら購入する車の価格が上がるかもしれません。
 
仮にそこまでいかなくてもグレードが一つ上がるかもしれません。
 
要するに買取店で高く車を売ってそのお金を握って新車を購入すればいいということなのです。
 
買取店で新車購入のことを言えば、新車の納車と車の引き取りなども調整してくれますし、お金の振り込みもある程度は調整してくれます。
 
いきなりディーラーに行って下取りをするのではなく、その前にいちど買取店で査定をうけることをおすすめします。
 
そこでいい金額が出されたのであればそこで売ってしまえばいいわけですし、もし安かったら下取りを使えばいいだけの話です。

 

車下取りに関する疑問

 

事故車や修復暦のある場合でも下取りは可能なのか?

答えは可能です!
 
事故を起こしてしまった車、電柱に気が付かずへこませてしまった車、いわゆる事故車や修復歴のある車というものは高額買取を宣伝文句にしている買取店ではほとんどの場合、買取ってくれません。
 
理由としては買取店が買い取った車を中古車オークションを介して中古車販売店で売ることになっているからです。
 
中古車販売店では事故車や修復歴のある車は売らないか、売ってもかなり安い価格となるため利益があまり出ないため好んで仕入れようとしないのです。
 
これが結果的に買取店での買取拒否や低額買取のつながるわけですが、新車購入と同時に行う下取りでは、下取り金額はそれほど高くはならないものの特に断ることなく下取りをしてくれます。
 
具体的にどのように傷をつけてしまったのか等聞かれることもあるのでそこは正直に申告しましょう!

 

下取りは新車購入のセールスツールなのか?

下取りは下取りした車で儲けを出そうという考え方ではなく、新車購入を後押しするための一つのサービスとして行っていることです。
 
中には下取り金額によって、店舗選びをする方や車選びをする方もいるので、事故車だから修復歴のある車だからといって企業側はむざむざと下取りを断るわけにはいかないのです。
 
新車を売ってもうけを出すディーラーにとっては若干のマイナスがあったとしてもそれはそれでいいことで、下取りごときでごたごたしたくないのです。
 
一般的にディーラーで下取りできない車は長年放置してあったどう見ても車の機能を果たしていないものや保安基準に適合していない、
 
または不正なオプションの取り付け等いわゆる違法改造車などといわれるものぐらいで、
 
それ以外の車であれば、下取り金額にばらつきはあるもののほとんどの車を下取りしてくれるものなのです。
 
買取店では車を買い取ってもらって現金化するというのが主な役目ですが、
 
下取りというのはそもそもいらない車を処分するという考え方からなっているので、事故車だろうが修復歴があろうが処分名目で下取りをしてくれるのです。

中古車の下取りはメーカーが違う場合でも可能なの?

可能です!
 
最近ではディーラー系の中古車販売店なるものがたくさん見られるようになりました!
 
たとえば日産なら「日産U CARS」や「カーミナル」、トヨタなら「U-car」や「カーロッツ」、三菱なら「クリーンカー」といったもので、
 
自動車メーカーの看板が堂々と飾られているので新車を扱うディーラーかと思ったら、その横にたくさんの中古車が並んでいるという光景をよく見ます。
 
いわゆるディーラー系の中古車販売店には下取りをした車が並んでいるのですが、その中にはそのディーラーとは違う自動車メーカーの車が並んでいることもそう珍しくありません
 
例えば日産系の中古車販売店にダイハツのミラがあったり、マツダ系の中古車販売店に三菱のランサーエボリューションが並んでいたり等と少しばかり違和感を感じることがあります。
 
 
ということは、違う自動車メーカーの車でも下取りをしているということになります。
 
例えば、他社メーカーの車を下取りできないということであれば、同じ自動車メーカーの車に乗っていた方だけが下取りを利用できるということになります。

 
 
これでは新しい顧客の開拓することは難しく非常に偏った顧客層になってしまうのです。見方によっては差別にもなります・・・
 
それなら他社メーカーの自動車でも下取りして新たな顧客を増やした方がいいということで他社メーカーの自動車でも喜んで下取りをするのです。
 
 
逆に他社メーカーの自動車を下取りしたということは他社の顧客が自社の車を買ったということでそれだけ魅力のある自動車メーカーであるということの証ともなる誇るべきことなのです。
 
それが集客にもつながるからです!
 
ただ、やはり下取り金額に不公平さはどうしてもあります
 
たとえば、日産のディーラーであればトヨタ車は少しばかり低い下取り金額になる傾向があるのです。
 
とはいっても何万円も安くなるということではないので、安心できるかと思います!

 

傷や凹み、色あせ、サビ!!だれがどう見ても明らかなボロボロの車は下取りできないのか?

「むしろ廃車代を取られてしまうのでは・・・?」

 

と多くの方が考えますが、実は案外そうではありません。
 
実は下取りなら、廃車代を取られることなく、売れる可能性があるのです。
 
というのも、そもそも下取りというのは新車や中古車を購入してもらう為に行うセールスですから、下取りゼロでお客から廃車代を取って、購買意欲を削ぐようなことはあまりしません。
 
そのため、ボロボロで通常価値がないような車でもディーラーなどの下取りなら最低でも、1万円や5千円で下取りしてくれる可能性があります。
 
いくらボロボロだからといって諦めるのは早い場合が殆どです!
 
それに、ボロボロの車でも活用方法はたくさんあります!

例えば・・・
 
・パーツをばら売り
・鉄くずとして価値がある
・販売店の代車

等とこのように、なにかしらお金になる手段があるのでディーラー側も損はすることはそうそうありません。
 
なので決して諦めずに下取りを上手く活用してみましょう。
 
ただし、中にはボロボロの車でも1万円とかではなく、もっと価値がある車もあるので、安易に下取りに売ってしまうと損することもあります。
 
★買取店ならもっと値段がつくの?
 
ボロボロの車と言っても中には、まだ年式が比較的新しい場合や、古くても価値が下がりにくい車もあると思います。
 
また、自分では価値がないと思っていても、意外に見てもらうと実は価値がある車もあります。
 
ですから、すぐに販売店の下取りを利用するのではなく、その前に買取専門店で査定を受けてみることをまずはオススメします。
 
というのも買取店は買取専門なので、販売店と違うノウハウを持っており、ボロボロの車でも下取りよりも高く売れる可能性が実は高いです。
 

特に・・・
 
・ランドクルーザー(プラド)
・ハイエース
・ハリアー
・4WD車
・軽自動車

上記の5つは中古車市場でも評価が高いため、下取りよりもノウハウが豊富な買取店の方が、たとえボロボロだとしても高く売れやすい傾向があります。
 
ボロボロといっても、特に専門的な知識がない限りは車の価値を自分で決めつけてはいけません!
といっても、下取りで車の売却に疎い販売店に売るのはなく、買取店でプロに査定してもらい正しい価値を判断してもらいましょう。
 
意外と思わぬ金額がついて、次の車が安く購入できる可能性もあります!
 

 

ちなみに、買い取り店といっても様々なお店があり、査定基準もそれぞれ違います。
 
ましてや、ボロボロの車となれば評価がだいぶ分かれると思うので、複数社から査定を受けるのが、最高値で売る最大のコツです。

 

改造車は下取りできないのか?

改造車はディーラーで売れないことは決してありません!
 
ディーラーはいわゆる正規の自動車販売店で、そういった立場にいる以上、違法改造車を売ることもできませんし、整備のために入庫させることもできません。
 
そういった関係上、下取りに関しても違法改造車は下取りできません・・・
 
しかし、ここで勘違いをしてはいけません!
 
ディーラーが下取りできないのはあくまでも違法改造車であって、保安基準に適合している合法改造車は下取りしてくれます。
 
昔は改造車というとすべてが違法改造車の認識となっていたのですが、保安基準に柔軟性が出てくるようになってからはその保安基準に適合さえしていれば、
 
ディーラーに入庫するとも出来ますし、誰に文句を言われるわけでもなく堂々と公道を走ることができるのです。
当然車検もちゃんと難なくクリアできます。
 
最近の社外品パーツはきちんと保安基準のことを考えて作っているものが多く、スポーツマフラーにしても今までスポーツマフラーといえばサイレンサーなどない爆音マフラーしかなかったのですが、

 
最近では保安基準に定められている音量と形状をクリアした車検対応マフラーというものが売られているのです!
 
足回りにしても昔はノーマル状態より1センチでも車高が下がっていると違法とされていたのですが、今では最低地上高として決められている90oを保っていれば幾ら車高を下げてもいいのです。
 
エアロパーツにしても突起物が目立ってあるようなもの以外で車両寸法以内で収まるものであればどんなエアロパーツで違法ではないのです。
 
要するに改造車といっても一つのものではなく、保安基準に適合していない違法改造車と保安基準に適合している合法改造車があるということなのです。
 
これはディーラーの下取りだけではなく、買取店でも全く同じです。
 
そもそも公道を走るために作られている違法改造車の売買は法律に抵触するのです。
 
ですから、結論を言えば、違法改造車は下取りできませんが、合法改造車は下取りできるということになります。

 

ディーラーはどんな基準で下取り査定しているの?

新車を購入するときに今乗っている車を有償で処分するという形が下取りというものでのですが、それは内部事情であって、実際には新車購入という条件付きの買取と見てもよいでしょう。
 
ただ、買取と大きく違うのはその車の価値を決める査定の基準です。
 
買取店ではその先の中古車市場での価値を考えて金額を決めるのですが、
 
下取りの場合は自動車メーカーやディーラー間で用いられている相場表なるものに該当させて金額を決めているのです。
 
チェックしている項目は・・・

●自動車メーカーや車種
 
●年式
 
●走行距離
 
●グレード
 
●純正オプション
 
●ボディーカラー

等で構成されており、その表を見ながら基本的な下取り金額を決めるので、多少の傷みや傷などはあまり注目はせず結構無視されることが多いのです。
 
更に下取りというのを一つのサービスとして捉えているといった面もあり、
 
付き合いの長い人やお得意様では高めにしたり、現金一括で購入した人には高めの査定額を出したりすることもあるので、あまり一定の金額になることがないのです。
 
それ以外にもそのディーラーと同じ自動車メーカーの車というものもあり、買取店の査定基準とはちょっと違った考え方を持っているのです。
 
これは下取りした車を中古車オークションを介して、中古車販売店で売るという流れで売るのではなく、ディーラー間、自動車メーカーグループ内で優良中古車として販売したり、
 
商品にならない車でも代車用の車や営業マンの営業用の車として使うことが多いので、それほど市場の人気や売買実績などにこだわらないでも済むのです。
 
ですから、中古車市場で大人気になっている車でも査定額は低いですし、状態がいくら良くても傷がある車と同等の価値として見られるということなのです。
 
逆にいえば人気のない車や傷やへこみが多かったり、内装がかなり汚れていたりという車であれば買取店での査定より高い金額が付けられるということなのです。

下取りには何が必要なのか?

下取り査定を行うのには特に必要な書類はないけれど
 
この下取り査定を行うのには特に必要な書類はありません。
 
とりあえずグローブボックスに入っている車検証だけでもあれば事は足りるでしょう。
ただ、そこまでやるということであればそのあと実際に下取りということになるので、下取りに必要な書類を事前に揃えておくのもいいと思います。
 
下取りに必要な書類は買取店で車を買い取ってもらう時と全く同じものです。
 
同じように名義変更をするために使うものですから同じであっても不思議ではありません。
 
まずは車検証、車の戸籍謄本です。
 
次に自賠責保険証明書です。これは法律で加入することが義務付けられている自賠責保険に加入しているということの証明書です。
 
それから自動車税納税証明書、自動車税を納税しているという証拠書類です。

 
名義変更を自分で行うのであれば必要ありませんが、そういった手続きをディーラーにお願いするときにはすべての手続きを委任するということを委任状でこれを証明します。
 
そしてその車をディーラーに引き渡しますということを証明する書類である譲渡証明書も必要です。
 
委任状と譲渡証明書はディーラーに定型文書がありますのでそこに署名と捺印をするだけとなります。
 
多額の金銭が飛び交う契約を行うということで実印、そしてその実印が本当の実印であるかどうかを証明する印鑑証明書も必要です。
 
そして忘れてはいけないのがリサイクル券、リサイクル料金を払っているという証明とリサイクル料の返金のために必要となります。
 
車検証と自賠責保険証明書、リサイクル券はたいがいの場合、グローブボックスの中の車検証入れに入っていると思うので特に問題はないでしょう。
 
委任状と譲渡証明書はディーラーにあります。
 
実印は自宅の貴重品入れの中にあるでしょう。

 
実際に書類を用意しなければならないのは印鑑証明書だけとなりますのでそれだけはこちらで役所に取りにいかなければなりません。
 
〜実際に下取りしてもらう際の必要なもの〜

■車検証
■自賠責保険証明書
■自動車税納税証明書
■実印
■印鑑証明書⇒役所にて取得
■委任状(ディーラーにある)

 

車の下取りはこんな人にオススメ!

・安くてもいいからとにかく楽に売りたい方
 
・傷や汚れがひどく一般の査定では価値がつかなかった方
 
・早く手短に対応を済ませたい方
 
・買取店とのやり取りが面倒な方

 

何よりもとにかく面倒は嫌だ!安くてもいいから早く次の車が欲しい方は下取りの方がいいかもしれません!